健康や美容に関する最新情報をお届け

役に立つ健康や美容に関する最新情報を提供致します!

こういう人は認知症になる!

以前渡辺謙主演の映画「明日の記憶」でも話題になったアルツハイマー型認知症

最近テレビでも度々取り上げられるようになりました。

日本では認知症になっている方が500万人を越えたといわれているそうです。

その中でもアルツハイマー型認知症になる方が最も多いと言われています。

遺伝によるアルツハイマー型認知症になる方は5%未満と言われているので認知症になる方のほとんどは後天的による原因が多いようです。

アルツハイマー型認知症の原因はまだ完全には解明されていませんが、長い期間をかけて脳の中で生じる、複雑な一連の事象によって発症することが次第に明らかになってきました。原因は、遺伝、環境および生活習慣などの複数の因子が絡み合っていると考えられています。

睡眠不足が最も大きな原因?

最近認知症になる最も大きな原因になる可能性があると言われているのが睡眠不足。

アルツハイマー型認知症の患者の脳にアミロイドβというタンパク質が集まって老人斑(アミロイド斑)を形成していることから、このアミロイドβがアルツハイマー型認知症発症の引き金になっているのではないかと言われています。
アルツハイマー型認知症にならないためには、アミロイドβをためない、あるいはアミロイドβを排出させる事がカギとなります。

睡眠時に脳が縮み、老廃物を排出させているとの仮説が有力視されるようになってきた。脳には脳脊髄液があるが、脳が睡眠時に縮んで隙間ができると、老廃物が脳脊髄液に染み出して排出されるのだそう。
つまり睡眠時、脳は休息していたのではなく、夜間の大掃除を行っていたのだ。この大掃除の時間が短くなると、老廃物がうまく排出できず、結果として脳に蓄積するとみられています。
つまり睡眠不足になると、蓄積したアミロイドβが排出しおおせなくなり、結果としてアルツハイマー型認知症になるリスクが上がるというわけです。

 

睡眠不足は1日中だるくなるだけでなく、アルツハイマー型認知症になるリスクを高めているかもしれません。睡眠不足でプラスになる事はほとんどないのでしっかり睡眠をとるようにしましょう!

流行語大賞TOP10にも選ばれた睡眠負債

睡眠負債とは

日々のわずかな睡眠不足が借金のように蓄積した状態。

f:id:arunohe:20190328223803j:plain

次のような症状がある方は睡眠負債がたまっているかもしれません。

  • 朝、起きる時刻になかなか起きられない
  • 起きた時にだるさを感じる、頭がぼんやりする
  • 午前中に眠くてたまらないことがある
  • 横になると、どこでもすぐに寝てしまう
  • 休日は平日よりも2時間以上長く寝てしまう

睡眠負債の危険性

がんや認知症やうつ病になる可能性が高まるという研究結果も報告されています。

平日寝てない分、週末に長い時間寝る、いわゆる寝だめは日常生活のリズムを崩す可能性があり逆効果となる場合があります。

解決策

睡眠負債を改善するには単純で寝る時間を増やすことであると言われています。

例えば普段夜12時に寝て7時に起きる方で睡眠負債だと思われる方は1週間程寝る時間を30分程早めてみて、それでも改善されなければもう少し睡眠時間を増やす必要があるかもしれません。

日中に15分程度の昼寝をすること、メラトニン分泌のために朝の日光を浴びること、夜間のブルーライトを避けることなども有効と言われています。

どんなバランスの良い食事や適度な運動を行っていても睡眠時間が足りていないと

身体にとってはダメージになりますので睡眠は十分にとりましょう!

流行語大賞TOP10にも選ばれた睡眠負債

睡眠負債とは

日々のわずかな睡眠不足が借金のように蓄積した状態。

f:id:arunohe:20190328223803j:plain

次のような症状がある方は睡眠負債がたまっているかもしれません。

  • 朝、起きる時刻になかなか起きられない
  • 起きた時にだるさを感じる、頭がぼんやりする
  • 午前中に眠くてたまらないことがある
  • 横になると、どこでもすぐに寝てしまう
  • 休日は平日よりも2時間以上長く寝てしまう

睡眠負債の危険性

がんや認知症やうつ病になる可能性が高まるという研究結果も報告されています。

平日寝てない分、週末に長い時間寝る、いわゆる寝だめは日常生活のリズムを崩す可能性があり逆効果となる場合があります。

解決策

睡眠負債を改善するには単純で寝る時間を増やすことであると言われています。

例えば普段夜12時に寝て7時に起きる方で睡眠負債だと思われる方は1週間程寝る時間を30分程早めてみて、それでも改善されなければもう少し睡眠時間を増やす必要があるかもしれません。

日中に15分程度の昼寝をすること、メラトニン分泌のために朝の日光を浴びること、夜間のブルーライトを避けることなども有効と言われています。

どんなバランスの良い食事や適度な運動を行っていても睡眠時間が足りていないと

身体にとってはダメージになりますので睡眠は十分にとりましょう!

肥満じゃなくても要注意!テレビやネットで話題の隠れ脂肪肝

肥満じゃなくても要注意!

f:id:arunohe:20190324210114j:plain

最近テレビやネットでよく見るようになった隠れ脂肪肝

時々こういう事テレビでやってるし、年に1回は人間ドック受けているから大丈夫と

思っている方も多いと思いますが、この隠れ脂肪肝、検査をしても結果に異常値が

でない事があり、自覚症状もないことが多いそうです。

突然吐血し気づいたら肝硬変や肝臓がんになっている事もあるそうです。

※肝硬変は元の健康の状態に戻るのは極めて難しい。

脂肪肝の患者数

脂肪肝の日本人は3000万人程いるとされ

血液検査にもデータの異常値が出ない隠れ脂肪肝の日本人は1000万人ぐらいいると

言われています。

脂肪肝の原因

脂肪肝の原因は主にアルコール、食べ過ぎ、運動不足と言われています。

アルコールが原因の場合はその毒性から細胞のダメージが大きいので

血液検査の数値となって表れやすいですが、食べ過ぎ、運動不足は比較的細胞の

ダメージが小さいため数値となって表れにくいようです。

アメリカでのデータ

アメリカでのデータによると、脂肪肝患者の4人に1人が炎症を伴う脂肪肝炎を併発し、

そのうち25%が肝硬変に進行、さらにその25%に肝臓がんが発生するという。

脂肪肝でも肝硬変や肝臓がんのリスクが一気に跳ね上がる事が示されました。

脂肪肝の対策

脂肪肝の対策は、やはり適度な運動、そして果物や清涼飲料水の過剰摂取は控えたいところ。

f:id:arunohe:20190324205544j:plain

果糖は過剰摂取すると中性脂肪となって肝臓に蓄積されやすいのです。

症状が表れてから対策を打っても手遅れの場合もあるので日頃から気を付けたいですね。

 

 

花粉症予防効果に期待!幻の果実

花粉症に効く!?
みなさんは「じゃばら」という果実を知っていますか?最近、抗アレルギー成分として注目されている「ナルリチン」を含み、花粉症対策などにも期待をされているのだそうです。今回は、「じゃばら」とは一体、どんな果実なのか、どんな効用があるのかをご紹介したいと思います。

 

じゃばらとは?
じゃばらは、和歌山県の北山村周辺にしか自生していなかったことから「幻の果実」と呼ばれていた柑橘類で、ゆずやかぼすの仲間です。
味は糖度と酸味のバランスがよく、まろやかな風味なのだそう。

 

じゃばらパンを北山村の特産品として生産されたものの、当初は全く売れなかったよう。
でも、毎年数名の人から注文があり、理由を聞くと「花粉症の時に果汁を飲むと、鼻がすっきりし、目のかゆみなどが緩和されてよい!」という意見が聞かれ、花粉症に効くのかも!とじゃばらの機能性を調べたところ、じゃばらに花粉症などの原因となる脱顆粒現象を抑制する機能があるということがわかったのだそうです!
抗アレルギーに期待される「ナリルチン!」
ビタミンやミネラル、そして、抗アレルギー作用が期待されているフラボノイド成分「ナリルチン」を含む「じゃばら」。「ナリルチン」は、IgE抗体の産生を抑えたり、マスト細胞からヒスタミンの放出を抑え、I型アレルギーである花粉症やアトピー性皮膚炎等に対する抑制効果が期待できると言われています。
また、じゃばらの果皮に含まれるフラボノイド類の80%以上がナリルチンで、果汁の6倍~10倍も含まれていることがわかりました。このように1種類の成分が特化して含まれている柑橘類はほとんどなく、世界的にも珍しいのだとか。

ナリルチンについてはこれから詳細が明らかになる分野だといわれていますが、すでに岐阜大学の大学院ではナリルチンを使った臨床結果を行った結果、花粉症の症状が改善されたという試験結果を公表しています。


じゃばらパンやじゃばらはちみつジュレなど、じゃばらを使った食べやすい製品もたくさん開発されているようですので、花粉症やハウスダストなどで目や鼻がむずむずしてしまう人はネットショップでも多数販売されているので一度試してみてはいかがでしょうか。